日記

自動車の組み立て工場はどれくらい辛いのかオッサンが昔の体験を語る

よくさ、出稼ぎに出る!みたいな感じで、自動車工場の期間工や派遣のお仕事して稼いで貯金するとかしないとか。

稼げるけどかなりキツイと噂の自動車組み立て工場のお仕事が、実際どんな感じなのか経験者のオッサンが昔話をしてみよう。

普通にキツイよ!wwwwwwwwwwwwwwwwwwww

コンビニで買った弁当を忘れるほどキツイ

現場経験者ならあるある話だと思うけど、仕事終わるじゃん。コンビニ寄って弁当買って会計するじゃん。レンジで温め中の弁当の存在を忘れて店を出てくる。

店員さんが走って追いかけてくる。こんなバカみたいな事が普通に起きるぐらい、疲弊しシンドイのが自動車工場のライン工です。

基本トイレに行けるのは休憩時だけなんだけど、みんな一斉に行くからウンコは慢性的に渋滞。なので、ウンコしたい時はライン止まったら即ダッシュ。

いまなら笑えるけど、当時は死んだ魚みたいな目をしていたと思う。

お風呂に入ると指が痛んでつらい

筆者が配属されたのは、組み立て工程1ラインでした。通路向かいの検査工程が楽そうに見えて羨ましかったのを覚えています。

シンドさは配属される持ち場によってピンキリなんです。

当時はボデーにドアが付いたまま車の組み立てていたので、1ラインの割と上流の方でドアにウエストとハーネスを付ける作業をしていました。

このウェザーストリップ(ドアの内側に付いてるゴムのパッキンみたいなやつ)

これって、ゴムに付いたいくつもの小さな突起を、フレームの穴に指で押し込んで固定するわけです。一日中。

つまり、指(人差し指or中指)に超負担がかかるンですよ。そんな訳で初めの二ヶ月ぐらいは指痛くて辛かったです。

社員寮の大浴場で湯船に入ったら、指先がジンジンしびれて泣いた悲しい記憶。まぁ、そのうち慣れるンですけどね。

頑張ると仕事が増えてしまう理不尽

工場系の効率化やカイゼンの話で、乾いた雑巾を絞るみたいな表現があります。ライン工の動作は徹底的に最適化されています。

とはいえ、能力って個人差があるので同じ工程の作業をやっても、余裕を残して終わる人、ギリギリで出来る人、間に合わなくて遅れる人がいます。

朝から晩まで同じ様な作業をするので、初めの頃は遅れがちだった作業も慣れて早くこなせるようになるものです。

が、ここに落とし穴があるので心に留めておいて欲しい。

自分なりに工夫して、ラインに煽られないようにと頑張って余裕ぶってると、余力があると判断され作業が増えちゃうことも。

派遣さんは社員登用を目指す!みたいな人以外は頑張る必要はありません。むしろキツクなります。作業増えてもギャラは一緒です。

オプション部品を付ける工員がオーダーの関係でボンヤリ暇している横で、せっせと作業してモヤモヤすることになります。

ギリギリでいいんです。余裕は見せてはいけません。

もっとも、三ヶ月ぐらいは余裕なんて全く無いけどな。

自動車工場は実際のところ稼げるのか?

その時の、生産状況による。

忙しくて、完全二勤で残業が毎日2時間とかあると、当時で総支給額で月40万円台半ばぐらい稼げていました。

一方で、生産台数が落ち込み稼働時間が減ると、思っているより稼げないかもしれない。まぁ、ケースバイケースですね。

古い給与明細が残っていたので確認したら、一年間で400万円チョイぐらいでした。

いま応募するなら、祝い金とか・期間満了金みたいに、給与以外の報奨金を多く出している求人案件が多いので、その辺も要チェックですね。

報奨金制度を最大限に活用して一定期間でメーカー間を渡り歩き、高額報酬をゲットしている猛者もいるようです。

休日は基本寝ているのでお金は残る

例えば、地方に単身で寮に入って自動車工場で仕事となると、基本的に友達はいないのでボッチが多い。

同じ班で同世代どうしで仲良くなって、ツルんで行動する子たちもいたけれど、筆者は昔からコミュ障なので当然ボッチ。

先にも書いたけれど、シンドイので休日は基本的に寮なり自宅でダラダラすることが多い。もちろん個人差はあるけれど。

自動車工場があるようなところは、基本田舎なので都市部のような娯楽施設も無いので、風俗とスナックの姉ちゃんにハマんなきゃ、お金の使い道はない。

人間関係で悩むことは基本的には無い

なぜなら、仕事中はコミュニケーションをとる余地なんて無いから。朝から晩までずうーっとラインに追われるだけ。

どっかのブログ?で、社員に怒鳴られたりみたいな記事を読んだ記憶があるけど、稼働中のラインでは怒鳴る時間や余地なんてないんだけどね。

そんな文句言う余裕のある現場なら、それはそれで肉体的には楽なんじゃないかと思う…。トヨタ系の組み立てラインにはそんな余地は存在しなかった。

むしろ、レオパ寮で隣室のガキが煩くてツラいとか、テレビの音とか音楽が騒々しいとか、業務外でのストレスが大きい。

二交代とか三交代は、その辺が慣れるまで本当にシンドイ。普通に眠れないから。

慣れてしまえば非常に退屈な生活

何にでもいえることだけど、慣れちゃえばどうという事ではない。それが日常になる。起きて仕事して、仕事帰りコンビニで飯と酒(今ならストロングゼロだよな)買って、食って風呂入って寝る。それだけ。

彩は全くないけれど、毎日同じことの繰り返し。

自家用車を持ち込んだなら、色々と近隣をドライブするのが楽しいかもね。筆者は沼津や三島や御殿場や箱根を徘徊したなぁ。

派遣会社を使うなら比較せよ。絶対にだ!

知っている人は知ってる話だけど、同じ現場で働いていても所属する派遣会社によって給与は違う。かなりの額で!

筆者の場合は、確か時給1500円。同じ班での一番安い人はなんと時給950円なんて人もいた。自分なら馬鹿らしくて速攻辞めるけど、案外辞めないんだよなぁその人。

求人誌をしっかり読み込んでいれば、派遣先企業はハッキリ記載されていなくても、同案件の募集広告が複数の派遣会社から出ているのが分かる。

そこで、より良い条件を提示している派遣会社を選ばなければならないのだ。リサーチを怠り糞会社と契約してしまったら、自分の間抜けさを呪うしかないのだよ。

だから、無難なのは企業自体が直接募集している期間工なのかもしれない。これならば理不尽な条件の格差は存在しない。

求人誌や求人サイトは複数チェックすることも忘れずに。

ちなみに、筆者が推す派遣会社は【綜合キャリアオプション】ってところ。寮費が無料!光熱費1万円程度の負担でレオパですがワンルームの部屋に入れます。

時給も平均より上な印象(あくまで筆者しらべ)。対応エリアも全国で営業所も多い。寮付の工場案件に強し。オッサンでも大丈夫。

↓↓ 工場求人サイトは【工場ワークス】が使える ↓↓ 

まとめ

学歴も経歴も不問。体力と根性さえあれば年400万円ぐらい稼げる可能性があるのが自動車組み立て工場。

若者なら一年間頑張ってお金溜めて、生活を立て直すのも悪くないかもしれません。

でも、中高年には体力的に難しいと思います。

若い頃は体力自慢だった筆者も、40過ぎた現在になって自動車工場の組み立てラインは出来るかといえば正直いって…

無理。

求職活動しているオッサン世代は、もう少しユルイ案件を選びましょう。無理して頑張るとリアルに身体を壊します。

最後になりましたが筆者が働いた現場は、あのアキバ加藤の乱を起こした彼も勤務していた静岡県のトヨタ系の工場です。もうすぐ無くなっちゃいます。

工場前のセブンとか、沼津駅チカの風俗とかなぁ。

夜勤の時に聞いていたラジオ(昔はラジオや音楽かけてOKだった)のジェットストリーム…。全てが懐かしい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です