筋トレ

ゴブリン体型おじさんが6ヶ月で14kg減量した結果・・・

みなさんこんにちわw安佐舘一朗です。ダイエット始めました記事を投稿したなら、その結果も書かなければ意味ありませんよね?

結果は記事タイトルにもあるように、半年間で10kg以上の減量となりました。ダイエットの手法は王道の食事制限です。

詳細を見ていきましょう。

体重の推移

体重はMASARUって体組成計で計測したものです。画像は見やすいように一部加工してあります。

ピーク体重は2021年1月31日の90.50kgでした。2月の第1週まで90kg台を維持したので減量開始です。

お腹の肉具合を勘案して目標体重は76kgの設定になりました。約6ヶ月後の7月21日に75.75kgを記録し、以降78kgを超えることなく推移し今に至る。

改めてグラフで見ると停滞期らしきものもなく、淡々と体重が減っているのが見て取れますね。

しつこい腹の肉

当初のダイエット目標は-10kgの80kg前後を想定していたのですが、腹周りの脂肪が気になりココまでの減量になりました。

正直この腹の肉的には、もう少し絞りたいのが実情です。へそ周りの脂肪が頑なに無くなりません。なんやコレ。

調べてみると腹部の脂肪は、一番初めに付いて一番最後に取れる部位らしいので、まだ体脂肪率が高いって事なんでしょう。

体脂肪率はアプリデータ的には15.7% → 12.2% となっていますが、体感的にはもう少し高いと思います。

現在のカラダ

恥ずかしいのですが、写真がないことには何にも伝わらないので晒してみます。

前から

横から

全身の画

積極的に脱げるカラダには程遠いのですが、ゴブリン体型からは脱したと思います。鼠径靭帯が唯一のアピールポイントでしょうか?

筋量が多くないくせに脂肪が残っているので、シルエットとして細い割には絞れていない残念な身体の仕上がりです。

大胸筋と三角筋がもっともっと欲しい。

食事制限の内容

カロリー計算は細かくしていません。

筆者は、摂取カロリーを減らし過ぎると、頭も体も働きが悪くパフォーマンス低下が激しいタイプです。

ざっくりと、夕食から糖質を抜きました。その代わり朝シッカリ食べるようにしました。プチ糖質制限と食事のタイミングを工夫した感じでしょうか?

簡単に書けば、夕食はオカズだけにしました。

でも、調整は必要です。筆者はこれで体重が落ち始めましたが、同時に睡眠の質が低下したのを実感しました。

とにかく眠りが浅く翌朝は疲労感が残りがちに。夕食にご飯を腹いっぱい食べるチートデイは朝までグッスリ眠れることから発覚。

なので、現在は少し夕食にご飯を食べています。この辺は体重の変化とお腹の肉具合を見て都度調整が必要なところでしょう。

ナッシュはいいぞ

当初はスーパーで冷凍食品を買うか、弁当屋でオカズのみを購入して食べていたのですが、メンドクサイ&飽きました。

コスパは多少悪くなりますが冷凍の宅配弁当を検討した結果、今はナッシュがお気に入りで継続中です。

メリットは、

  • 普通に美味しい
  • レンチンで直ぐに食べられる
  • メニューが豊富で飽きない
  • 洗い物が出ない

美味い不味いは個人差がありすぎなので深掘りしませんが、筆者が声を大にして好いなと感じたのはメニューが豊富って処です。

これは、まだ全メニュー制覇していない所以でもありますが、常に初めて食べる弁当で新鮮味があるんです。

今日のご飯はなんだろな♪

みたいな感じで夕食がとれます。こんな気持ちになったの凄く久しぶりで、実は少し感動しました。

一人暮らしで、コンビニ弁当もホカ弁もスーパーの総菜も飽きたし自炊もメンドクサイorzなんて人はナッシュ試す価値あるゾっ。


まとめ

90kgから76kgへ減量。マイナス14kg。体脂肪率マイナス3.5%。

人生初のダイエットは成功と言っていいでしょう。想定どおりに痩せて増量前とほぼ同じぐらいの体重で安定しています。

今回の増量と減量で興味深いのは、多少筋肉が付いたのは実感できますが結局あまり体型は変わっていないってこと。

たぶん体質的に省エネ気質で、筋肉は付きにくい身体なんだと思われる。結構飲んでいるプロテインは何処にいったんだろうね?

もっとちゃんと筋トレ頑張ろう。

食事の制限は今後も継続の予定です。夕食のナッシュを主軸にお腹の脂肪の具合を見ながら、朝と昼の食事とオヤツを組みたていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です