ガジェット

両面印刷しても透けないコピー用紙を探してみた結果・・・

透けないコピー用紙

コピー用紙にインクジェットプリンターで両面印刷してたんですが、裏の文字が透けすぎて気になるんですよ。

両面印刷しても透けないコピー用紙はどれなのか? 本気で調べた結果を書き残してみました。

両面印刷したら透けすぎて憂鬱

総勘定元帳とか家電のマニュアルを印刷するのに、コピー用紙を使ったら裏が透けててモヤモヤしませんか?

普通に片面印刷でいいじゃんと思っていたのですが、コスパ悪いし紙の量が多くなって嵩張って邪魔なんですよねー。

紙が厚けりゃ透けないってのは分る。でも筆者が欲しいのは、紙厚そこそこな普通のコピー用紙なんですよ。

透けないコピー用紙の候補

候補1:コクヨ KB-39N

コクヨ コピー用紙 A4 白色度80% 紙厚0.09mm 500枚 FSC認証 KB-39N

候補2 コクヨ KB-29

コクヨ コピー用紙 A4 紙厚0.09mm 500枚 PPC用紙 共用紙 KB-29

候補3 コクヨ KB-FL59

コクヨ コピー用紙 A4 白色度80% 紙厚0.10mm 500枚 カラープリンタ用紙 KB-FL59

候補4:エイピーピー・ジャパン APD101

コピー用紙 A4 コピーペーパー 高白色 2500枚 (500×5) APD101

各コピー用紙の特徴と違い

各コピー用紙の厚さは、コクヨKB-FL59が0.10mmで、その他が0.09mmです。

坪量は、コクヨのKB-39Nは坪量は64g/㎡、KB-FL59とKB-29Nが70g/㎡。エイピーピー・ジャパンAPD101は68g/㎡。

この坪量ってゆーのは紙の重さの規格で、重い=厚い(密度が高い)、つまり透けにくい!って判断できます。

では、紙は厚くて坪量が大きいほど両面印刷で透けないのか? と問われれば、その通りなんです。が、紙が厚すぎると今度は嵩張って使いにくかったりします

ということで、コピー用紙を購入する際に確認すべきスペックは、「紙厚」と「坪量」です。試験に出るので覚えておいてください。

参考までに、最も白い紙はKB-FL59で、APD101は若干青みがかっています。

テスト両面印刷して比較してみた

コクヨKB-29、コクヨKB-FL59、コクヨKB-39N、を購入しました。
画像では分かりにくいのですがKB-39Nがパッと見で一番薄いです。

コピー用紙

さっそく、両面印刷の透け具合をテストしてみます。

コクヨKB-39N
コクヨKB-39N
スケスケに透けまくりです。雨に濡れたJK並みに透けちゃってます。
両面印刷には不向きですね。

コクヨKB-29
コクヨ KB-29
なんということでしょう!KB-39Nと同じくらい透けまくってます。
期待外れ!ザンネンです。

コクヨKB-FL59

先の二つの用紙に比べれば大分マシですが、やっぱり透け感が気になります。

エイピーピー・ジャパンAPD101

おわかりいただけただろうか?
なんと今使っているマイナーメーカーのコピー用紙が最も透けないという結果に!

調査結果まとめ

実際に印刷テストしてみたら意外な結末にwww

安物と少しバカにしていたエイピーピー・ジャパンのAPD101が、「両面印刷しても透けにくいコピー用紙」の最優秀商品となりました。

超メジャーなコクヨ勢は透けまくりで、インクジェットプリンターで「両面印刷しても透けないコピー用紙」の候補としては不適切ですね。

とはいえ、APD101ならば裏面が透けなくて満足なのかといえば微妙です。先にも書いた通り、画像があったり文字密度が上がると透け感があるのは同様であります。

テスト環境を書いておきます。プリンターはキヤノンPIXUS MG6130、インクは純正。印刷設定は普通紙・モノクロ・両面印刷・キレイ。他は特にいじっていません。青空文庫の若草物語を印刷してみました。

透けにくいコピー用紙 暫定王者は、
エイピーピー・ジャパンAPD101

ここまで書いてなんだけど、インクジェットプリンターとコピー用紙の組み合わせで、両面印刷して透けないのは無理かもー。

薄いコピー用紙ではインクが染み込んじゃって、裏面が透けるのは避けられないと思われる。

両面印刷しても出来るだけ透けないのを望むなら、素直にレーザープリンターを用意するのが正解なのかもしれません。

デモデモダッテー、使用頻度とか置き場所とかレーザープリンターの導入コストとかあるしー。

できれば、手持ちのインクジェットプリンターで何とかしたい…。

調べてみたら意外に安くて好評価なレーザープリンターもあるみたいです。

brother レーザープリンター A4 モノクロ JUSTIO HL-L2365DW

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です